シェリシェリ

大航海オンラインでのシェリーアンの航海したり、航海しなかったりする日誌。

*Admin

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

ベネチアで大江戸花火どどーん☆花火の話し。その4☆


01

16世紀のヨーロッパ
多くの男達が海の向こうに夢を求めて旅立った
(中略)
その日、ベネチアでは花火大会があった。

02

ご隠居「はじまったのぉ」
太夫「はじまりんしたのぉ」

※太夫(たゆう)・・花魁(おいらん)のこと。最高級遊女。
03

ご隠居「綺麗じゃのぉ」
太夫「お綺麗でありんすのぉ」

タッタッタッっ・・・
やへい「ご隠居さま!妻に追われているんです!。どうかかくまってください!」

ご隠居「それはお困りじゃのぉ。」
太夫「お困りでありんす。」
ご隠居「太夫、なんとかならんかのぉ」
太夫「(チリンチリン)セバスチャンや、こなたのお方を裏木戸へ逃がしてさしあげてくりゃれ」

04

ご隠居「ほんに綺麗じゃのぉ。」
太夫「ほんにお綺麗でありんすのぉ」

05

ご隠居「太夫や、ついでおくれ」
太夫「はい~。」

05.5

ご隠居「休憩かのぉ。」
太夫「お静かになりんしたのぉ」

ナレーション「ただ今までの花火は、風まかせ商会様の提供でお贈りいたしました」

タッタッタッっ・・
おみよ「すいません!ご隠居さま。追っ手に追われてるんですっ!。どうかかくまってください」

ご隠居「それはお困りじゃのぉ」
太夫「ほんにお困りでありんす」
ご隠居「すけさんや。このお方を逃がしてさしあげなさい」
すけさん「ははっ。ささっ、こちらに。」

05・8

ご隠居「みな、いろいろあるようじゃのぉ」
太夫「いろいろあるみたいでありんすぇ」

06

ご隠居「また始まったのぉ」
太夫「始まりんしたのぉ」

07

ご隠居「太夫や」
太夫「はい~」

ご隠居「そなたを身請けしたいと思うておるのじゃが、いかがかのぉ」
太夫「!””」

08

太夫「ご隠居さま・・」
ご隠居「やはりお困りかのぉ。わしは若くはないし、身代もせつないしのぉ」

太夫「もしも、わっちが先にいってしまいんしたら、ご隠居さまは、お崩れになられましんすか

ご隠居「それは、泣くじゃろうのぉ」
太夫「それなら、わっちが思いとどまってしまう気持ち、お察しくんなましんすか」

ご隠居「そうじゃのぉ。それは、そうじゃのぉ。さりとて・・」
太夫「さりとて?」
ご隠居「さりとて、それを恐れたとて、そなたのお傍にのちのちまで控えていたき義に、いささかの狂いも起こせるとは思えぬからでのぉ。」

太夫「ご隠居さま・・」
ご隠居「やっぱりお困りかのぉ。すまぬことを申してしもうたの」

太夫「ご隠居さま・・」
ご隠居「太夫や、今のままでもよろしいのです。背伸びしてすまぬ」
太夫「お受けいたしんす」

09

どどーーん

観衆「た~ま~や~♪」


10,5

ご隠居「終わりましたのぉ」
太夫「終わりんしたのぉ」

ご隠居「太夫や、本当によろしいのでありんすね」
太夫「はい。わっちもご隠居さまと、共にいとうでありんすから」

ご隠居「されど、我らもいずれかの下郎と同じように、やがては・・」
太夫「やがては?」
ご隠居「心がうつろいゆくものなのかもしれぬ。その時はいかがするかのぉ」
太夫「たとえ、そうであっても・・・」

ご隠居「そうであっても?」
太夫「わっちはご隠居さまのお傍に隠るるが、きっと一番の幸せと思うんでありんす」


⌒★*~☆

※文かよくわからないよ・・という方へ。
下へ標準言葉でも書いてみたので、そっちを読んでね。三(m;_ _)mペコ
いちお、ご隠居の話してるのが殿様言葉調。太夫が話してるのが花魁言葉。


ポチッと押してね^^。
 
応援ありがとうございます。
(ブログランキング投票ボタンです)


(現代語版ですょ)

01

16世紀のヨーロッパ
多くの男達が海の向こうに夢を求めて旅立った
(中略)
その日、ベネチアでは花火大会があった。

02

ご隠居「はじまったのぉ」
太夫「はじまりましたねぇ」

※太夫(たゆう)・・花魁(おいらん)のこと。最高級遊女。
03

ご隠居「綺麗じゃのぉ」
太夫「綺麗ですねぇ」

タッタッタッっ・・・
やへい「ご隠居さま!妻に追われているんです!。どうかかくまってください!」

ご隠居「それはお困りじゃのぉ。」
太夫「お困りですね・・」
ご隠居「太夫、なんとかならんかのぉ」
太夫「(チリンチリン)セバスチャンや、この方を裏木戸へ逃がしてあげておくれ」

04

ご隠居「本当に綺麗じゃのぉ。」
太夫「本当にお綺麗ですねぇ」

05

ご隠居「太夫や、ついでおくれ」
太夫「はい~。」

05.5

ご隠居「休憩かのぉ。」
太夫「静かになっちゃいましたね」

ナレーション「ただ今までの花火は、Mikirasファン倶楽部一同様の提供でお贈りいたしました」

タッタッタッっ・・
おみよ「すいません!ご隠居さま。追っ手に追われてるんですっ!。どうかかくまってください」

ご隠居「それはお困りじゃのぉ」
太夫「本当にお困りですね・・」
ご隠居「すけさんや。このお方を逃がしてさしあげなさい」
すけさん「ははっ。ささっ、こちらに。」

05・8

ご隠居「みな、いろいろあるようじゃのぉ」
太夫「いろいろあるみたいですねw」

06

ご隠居「また始まったのぉ」
太夫「始まりましたねっ」

07

ご隠居「太夫や」
太夫「はい~」

ご隠居「そなたを身請けしたいと思うておるのじゃが、いかがかのぉ」
太夫「!””」

08

太夫「ご隠居さま・・」
ご隠居「やはりお困りかのぉ。わしは若くはないし、財産もしょぼいしのぉ」

太夫「もしも、私が先に死んでしまったら、ご隠居さまは、泣いてしまったりしない?

ご隠居「それは、泣くじゃろうのぉ」
太夫「それなら、私が思いとどまってしまう気持ち、わかってくれるのかな・・」

ご隠居「そうじゃのぉ。それは、そうじゃのぉ。だけど・・」
太夫「だけど?」
ご隠居「だけど、それを恐れてみても、あなたの傍にずっと一緒にいたいという気持ちが、ほんの少しでも変わるとは思えないからでのぉ。」

太夫「ご隠居さま・・」
ご隠居「やっぱりお困りかのぉ。すまぬことを申してしもうたの」

太夫「ご隠居さま・・」
ご隠居「太夫や、今のままでもよろしいのです。背伸びしてすまぬ」
太夫「お受けいたします」

09

どどーーん

観衆「た~ま~や~♪」


10,5

ご隠居「終わりましたのぉ」
太夫「終わりましたねぇ」

ご隠居「太夫や、本当によろしいのですね」
太夫「はい。わたくしもご隠居さまと、一緒に暮らしたいですから」

ご隠居「だけど、私達もどこかの誰かと同じように、いつかは・・」
太夫「いつかは?」
ご隠居「心が変わってゆくものなのかもしれない。その時はどうしようかのぉ」
太夫「たとえ、そうであっても・・・」

ご隠居「そうであっても?」
太夫「わたくしはご隠居さまのお傍にずっといるのが、きっと一番の幸せかなと思うんですよ」


ポチッと押してね^^。
 
応援ありがとうございます。
(ブログランキング投票ボタンです)

スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://daikoukai12.blog74.fc2.com/tb.php/628-abb6eead

Menu

FC2ブログランキング

こちらは押しても、記事が消えてランキング画面にはならない、投票ボタンです。↓

FC2ブログランキング

押して応援してくれる皆様、本当にありがとうございます。

最近の記事

コピー☆ライト

(C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved. このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。