シェリシェリ

大航海オンラインでのシェリーアンの航海したり、航海しなかったりする日誌。

*Admin

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

南極方面観測隊☆観測記録報告書。


(最初に)

観測記録について、SS入りで綺麗にまとめようと思ったのですが
うまくまとまらず断念しました。
SS無しの文面だけの報告内容で、難しい内容も含みますので、
得に詳しく調査と結果内容を知りたいという方向けです。 

おおまかでよい方、まとめた報告でよい方は
こちらをどうぞ⇒南極方面観測隊☆簡単な報告。

(読む前に知っていてほしい基本知識)

①、南極付近で極夜・白夜は観測できますが、北極付近では観測できません。
実装されていません。

②、DOLの世界の昼と夜の長さはどこも一定で、唯一南極付近の海域だけが
昼と夜の長さが変動します。一日の長さは3分。
(これについての調査と結果はこちらをお読みください↓)
海の上の発見物01(DOLの世界の一日の長さ)

(観測前に予想したDOL世界の一年の長さ)

一日の長さ(3分)× 365日
1095分(18時間15分)

極夜から極夜までの時間の長さを計れば一年の長さがわかります。
また白夜から白夜も同様。
白夜と極夜の両方を観測することで、季節についても準考が可。


(南極方面観測隊観測記録)

(観測場所):アガラス海域 。(1045、7167)
(観測期間):3月1日より7日の七日間。
(観測者):シェリーアン


3月1日

(観測開始)

極夜開始確認:11時40分
極夜終了確認:13時

白夜開始確認:16時20分
太陽が完全に沈まなくなった状態を確認:20時00分
白夜終了確認:23時30分

2日

極夜開始確認:5時
極夜終了確認:6時30分。

(ここまで、PCに付きっ切りで観測。)
(この後以上の結果から発生時間等を予想し、予測時間にINして状態を観測)

白夜になっていることを確認:14時
白夜終了確認:16時40分

極夜開始確認:23時20分

3日

白夜になっていることを確認:6時20分
(なりはじめっぽい感じ)

極夜になっていることを確認:17時50分

極夜終了確認;18時20分

4日

白夜開始確認:0時20分

極夜になっていることを確認:11時50分

白夜になっていることを確認:19時
(その後の観測で白夜になった直後の状態であることを確認)

5日(水曜日)

極夜開始確認:6時10分

白夜になりかけ直後か白夜が終わりかけ直後かの状態を確認:17時
(これはメンテナンス終了直後にINしたものである)

白夜の終了をはっきり確認:18時20分
(17時の状態は終わりかけ直後であったことを確認)

極夜中を確認:23時

6日
(ここより観測隊の疲労のため観測記録内容に、記入漏れやウッカリなどが発生しました。確実なものだけを書きます)

白夜でも極夜でもない、その間の状態を確認:2時20分

7日

白夜でも極夜でもない、その間の状態を確認:21時20分

(同日観測隊引き上げ。観測終了)


※時間等について1分単位の箇所を10分単位に直して記述。

※白夜と極夜の発生及び終了状態の時間的な確認は、微妙な天体の観測
(何処から開始された・終了したと判断するのか微妙なタイミングとなること)
(雨天等で空が観測できず、発見した時間での記述となったケースもあること)
となりますので、観測結果は多少の時間的なズレも含むことをご承知下さい。


(観測結果から備考)


(各時間のおおよその推定)

極夜になっている時間:1時間30分程度
極夜から白夜になるまでの時間:3時間20分程度
白夜になっている時間:7時間程度
白夜から極夜になるまでの時間:5時間40分程度

※上記はおおよその一例です。決定ではありません。
上記の数字だと、記録にある発生時間を全ては説明できません。
多少の誤差が存在する、おおよその時間というご認識でどうぞ。

(DOL世界の一年の長さ)

体感としては、およそ18時間でDOL世界の一年経過という感触。

(白夜と極夜の一定時間での循環性について)

白夜と極夜の発生時間と経過時間及び終了時間、また白夜と極夜の間の時間
これらは時間的には一定であり循環性があることを確認。

(白夜と極夜のリアルタイムでの周期的な発生予想時間の特定)

観測隊は、各発生時間のリアルタイムによる周期時間の特定を目指しましたが、
この観測期間の間には、リアル時間と照合しての周期時間の決定はできませんでした。
(たとえば●日周期で元の発生時間に戻るとかの周期はみつけられなかったということです)

(メンテナンスの間のDOL世界の時間)

5日の白夜終了確認で、同日まで観測した「白夜の発生と終了の時間的な循環サイクル」から
この白夜終了時間が、メンテナンスの時間(3時間)の間分、ずれていないことを確認。
このことから、メンテナンス時もDOL時間は停止しておらず、動いていると判断。

※この点について、多くの商人の方にメンテ前とメンテ後に
相場の変動があるかどうかも伺いました。
多くの意見がありましたが、「相場の変動がある」が、「相場の変動はない」を大きく上回りました。
ご協力いただいた皆様本当に有難うございました。


(その他の観測)

(白夜)

白夜の時、完全に太陽が沈まなくなった状態を南の端で観測中の時
同海域を航海中の他の船舶に、
同海域の北の地点・中部程度の地点において、白夜の太陽の観測を依頼。
どちらの地点からも「太陽は一度沈みまた昇ってくる状態」との報告。

また白夜の時、完全に太陽が沈まなくなった状態を南の端で観測中の時
同海域を航海中の他の船舶に、
北の地点より南の方角に向かっての航海および、白夜の太陽の観測を依頼。
この結果、「南に進めば進むほど太陽が沈んでいる間の時間が短くなる」との報告。

以上のことから、同海域内であっても、「地形は南北に丸くなっている」ことを確認。

※南北は丸くなっているの結果は、こちらの調査結果からもいえます↓
海の上の発見物04(オリオン座クルクル♪)

(極夜)

同海域で極夜を観測中、同時間にIN中のほかの船舶に
他の海域よりの南極付近(世界の果て付近)での極夜の観測を依頼。
「同じく極夜を観測できた」との報告。

この船舶と、同時に極夜を観測しながら、
極夜の状態を発生時間などについて詳しく情報交換。

この情報交換の結果、間をへだてた複数の海域の上から
極夜の発生時間と経過時間及び終了時間など、見え方に海域間の差が無いことが判明。

以上のことから、複数の海域をまたがっても、「地形は東西には丸くなっていない」ことを確認。

※地形は東西は丸くなっていないは、この天体観測の他に航海にても観測。
南米の南の先端からオーストラリアまで航海した時間と
それよりも北の地点からオーストラリアまでを航海した時間を計り
ほとんど同じような時間になることを確認。
丸くなっていたら、南で航海したほうが速く着きます。

(オーロラ)

オーロラ特有の光の壁は発見できず。
計4隻の他の船舶にも確認を依頼したが発見できず。
(このことから、通信・PCの性能の差で発見できなかったわけではないと判断)

ただし
極夜の状態の時、満月に近い月・空全体にかかる薄い雲が同時に発生している時
光る水平線、刻一刻と藍色の色を変えていく不思議な海の様子を確認。とても幻想的な光景。
DOL風オーロラともいえるが、同海域及び極夜特有の現象であるのかどうかは不明。

(天体)

惑星は確認できず。

(白夜・極夜発生の時間と、リアル日との照合)

白夜・極夜の発生時間及び終了時間が、春分・秋分の日という情報をいただきました。
また、発生時間は夏至・冬至であるという情報もいただきました。
これについて、他海域の春分・秋分の日などを時間を、独自の調査から時間特定した方の情報をいただき、それと照合してみました。

このデータを元にしての
白夜、及び極夜の発生時間が、他海域での現象の発生時間と照合して、
春分の日、または秋分の日、夏至・冬至の時間と関連ずけられるか計算。
現在までの所、照合性は認められず。

この海域だけが他の海域と違って特別なのか
白夜・極夜のリアル日での発生時間の情報で正しいのはどれか
その他、
どの情報が正しくてどの情報が違うのか、観測者には今のところ判断できないため、
この点については保留します。


※以下の項目は、観測者の観測からの感触です。

(天体の形)

惑星を除いた星で「天動説の理論」で天体が実装されているのではないかとの感触。
またDOL天体は現在の時間の天体ではなく、
この舞台となっている「16世紀当時の天体」が実装されているのではないかとの感触。
天体などについてリアルを完全に再現されているという感触。
(開発スタッフの皆様、本当にすごいです。職人技のようです)

(この世界の形)

白夜・極夜の他の船舶との共同での観測結果
及びこれまでの天体の観測の結果から、
この世界は南北に丸く東西に丸くなっていない世界であるのでは・との感触。
球ではなく縦に切ったロールケーキの上に世界地図が乗っているような形で
太陽の動きと天体の動きに夏冬の差があることから
夏と冬とで上下にゆれているのではないだろうか・との感触。


(すぺしゃるさんくす)

(観測協力)
アイリン様。桃夏様。アイネ様。上総みかん様。ぺこる様。

(天体知識と日数計算のご協力)
KUKI様。銀河様。

(その他ご協力)
山茶花様。ガブリエル様。さおたん様。くず様。他のみなさま。

※その他、このブログ上で暖かい応援のことばを残してくれた方、
通りすがりで応援していただいた方も含めて、
ご協力していただいた全ての皆様に厚く御礼申し上げます。



ポチッと押してね^^。

本当に応援ありがとうございます。
(ブログランキング投票ボタンです)

スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

素晴らしい観測記録報告書に感謝 

おお!
この前の記事で、深く踏み込んだ内容の観測記録報告書とは想像していましたが
こんなにも詳細かつ多岐にわたり、専門的な知識と考察に支えられた素晴らしい報告書なのですね。

理系に弱いくせに天文好きなわたくしとしてはまさに狂喜乱舞です。
勉強不足なため、理解度が足らない部分がおぼろげに見えてくるようで♪
(間違って理解した可能性があるので、保存して少しづつ勉強していく所存です)

DOLという架空のゲーム内でありながらも、世界の謎に真摯に取り組まれるその姿勢に敬意を表します。
読ませていただいて本当にありがとうございました。ポチッ。
  • posted by 通りすがりのZ人 
  • URL 
  • 2008.03/31 01:43分 
  • [Edit]

NoTitle 

私なんてなんの役にもたってないって

しいて言えば俺の名前は『銀河』!!
  • posted by 銀河さん 
  • URL 
  • 2008.03/31 11:40分 
  • [Edit]

NoTitle 

素晴らしい・・・。
あたしの夏休みの宿題レベルを遥かに超えてますよっ。

よし、今年の夏休みはこれを丸写しして、ガッコの先生にほめられちゃうぞ~ ><ノ

・・・という冗談はさておいて、いあ、もう読んでて、ただただ感動です。
調査ももちろんだけど、よく取り纏めたよね~。
あの世界図の絵が大好きですっ e-239
  • posted by 山茶 
  • URL 
  • 2008.04/01 15:37分 
  • [Edit]

☆へんしん☆ 

コメントありがとうございます。
通りすがりのZ人さんのコメントに励まされて
やっと書けました><ノ。
ちょっと難しい文になってしまって、読みづらい部分があってごめんね。
がんばってちゃんと読んでくれて、本当にありがとう。>通りすがりのZ人さん。

銀河さんが、計算を手伝ってくれたので
ほんとうに助かりましたよぉ^^。。>俺の名前は『銀河』さん

いろいろと本当にありがとう><。
いろいろ書いたけど、最後のこの文ができあがったのは
ほんとに山茶んのおかげだよ。
夏休みの宿題に使って使って^^。
世界図の絵は、ちょっと自分でも好きw>山茶ん
  • posted by シェリーアン 
  • URL 
  • 2008.04/03 19:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://daikoukai12.blog74.fc2.com/tb.php/480-6d3fb30b

Menu

FC2ブログランキング

こちらは押しても、記事が消えてランキング画面にはならない、投票ボタンです。↓

FC2ブログランキング

押して応援してくれる皆様、本当にありがとうございます。

最近の記事

コピー☆ライト

(C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved. このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。