シェリシェリ

大航海オンラインでのシェリーアンの航海したり、航海しなかったりする日誌。

*Admin

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

☆威風堂々(英国万歳)☆


20071212051513.jpg

Land of Hope and Glory,
(希望と栄光の国よ)

20071212051011.jpg

Mother of the Free,
(自由の母国よ)

20071212050040.jpg

How shall we extol thee,
(その栄光をどうやって称えよう)

20071212050050.jpg

Who are born of thee?
(素晴らしき我が祖国よ)

20071212050100.jpg

Wider still and wider
(広くどこまでも広く)

20071212050109.jpg

Shall thy bounds be set
(その国土は広がっていく)

20071212050137.jpg

God, who made thee mighty,
(我々の栄光を見守る神よ)

20071212050148.jpg

Make thee mightier yet
(その栄光の永遠なれ)

20071212050157.jpg

God, who made thee mighty,
(我々の栄光を見守る神よ)

20071212050209.jpg

Make thee mightier yet
(その栄光の永遠なれ)




↑シェリーが歌ってるのは、3コーラス目と4コーラス目。
途中に出てくる青いドレスの女の人は、シェリーのつもり。

ささっ、一緒に歌いましょ^^♪。


(今日の本文はこの下↓)。

ポチッと押してね^^。

本当に応援ありがとう。
(ブログランキング投票ボタンです)



ロンドンのBGMを聞くたび
なにかの曲を思い出す・・と、思っていたんです。

その曲が先日わかりました。
エドガーさんの威風堂々という曲でした。
( 原題“Pomp and Circumstance” )

作曲者のエドガーさんが指揮してる、貴重な動画。↓



聞いてみたら、なんかちょっとメロディーは
違う感じだったのですけど、
この曲を、ロンドンのBGMを聞くたび
思い出します。

この曲が作られたのは、およそ一世紀前ですが
その頃イギリスは、北西の小さな小さな国だったみたいで
国を大きくしようと、頑張っていたそうです。

そして、
この曲が作られてからおよそ一世紀

イギリスは、大きな国となって、
この曲は、歌詞がつけられて、第二の国家として、
今では広く英国民の間で、歌われる曲になっているそうです。

上の動画の、会場のみんなで歌っている姿、
男も女も若い人もおじいちゃんも、
楽団とお客さんが一体化して、歌っている姿、
指揮者が、お客さんの方を向いて指揮棒をふる姿をみて
なんか感動して・・

ロンドンで歌ってみたくなって、やってみたのが
今回の記事なんです。(*/∇\*)キャ。。




(訳について)

上の訳は、シェリーの超訳です。
超訳ではない訳も、下に、一応載せておきます。
この文、なんか曖昧で訳すのが難しいし、、
誰かのお役に立つかもしれないから^^;w。

Theeがわけわかめw。「汝」って意味だけど「汝」ってナニ?って感じ。日本語になってもよくわからない単語です。
超訳じゃない訳でも、Theeは、なんかよくわからないから、そのまま「汝」と訳すだけでyouと同じ扱いで訳しました。

God,はMay Godが略されているらしく
これは祈願の文だそうです。
(・・と、ネットで読んで知りました)

汝を誰と思うかで意訳は変わります。
汝をこの文を注文した国王と考えると、この歌は国王を称える歌です。
(・・と、ネットで読んで知りました)
Motherも国王の比喩になるでしょう。
そのほか、もろもろの箇所が比喩になると思います。

でもこの文は、本当は前後があって、作者はTheeを国王の意味で書いたのか、それとも、もっと広い意味で書いたのか、なにか曖昧で私にはよくわかりませんでした。


上の超訳の文は、この歌が作られて一世紀
この歌が英国の第二国家とされて、
広く英国民に愛されて歌われているということ、
歌っている英国の人たちは、この歌を「英国万歳」という意味で、歌っているみたいに見えることから、
私はこの歌は、「国王イコール祖国」を称える歌となっていると考えて、
汝を「祖国」という扱いで意訳してみました。

下の訳文は、意訳ではなく、そのまま訳した文です。


Land of Hope and Glory,
Mother of the Free,

希望と名誉の国よ
自由の母よ


How shall we extol thee,
Who are born of thee?

汝をいかに褒め称えよう
汝から生み出された私たちは


Wider still and wider
Shall thy bounds be set;

広くさらに広く
汝の境界がひかれる


God, who made thee mighty,
Make thee mightier yet

汝に力をお与えになられた神様が
更なる力を汝にお与えくださいますように


God, who made thee mighty,
Make thee mightier yet.


汝に力をお与えになられた神様が
更なる力を汝にお与えくださいますように


スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

うーん、私はロンドンのBGMはヘンデルぽいなと思いまふ。
「見よ、勇者は帰りぬ」という曲に似ているような気がします。
運動会で表彰式のときによく流れる曲です。
DOLのBGMは素敵な曲が多いので思わず聴き入ってしまいまふなー(*´д`)アヘー
  • posted by アイネ 
  • URL 
  • 2007.12/14 22:08分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは。
この曲、威風堂々という曲名だったんですね。
高校の卒業式で聴いた記憶があります。
いい曲ですね。聞き入ってしまいましたよ。
  • posted by クレア・エルンフェリト 
  • URL 
  • 2007.12/14 23:11分 
  • [Edit]

☆へんしん☆ 

おぉ。すごい(゚□゚/)/。
ヘイデルですねっ!勇者は(ry)ぬですねっ!
探して聞いてみるる~。
これ書いてみてよかった~^^♪。>アイネちゃん。

わぁい(///▽///)。>クレアさま。
  • posted by シェリーアン 
  • URL 
  • 2007.12/15 07:30分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://daikoukai12.blog74.fc2.com/tb.php/349-b220036b

Menu

FC2ブログランキング

こちらは押しても、記事が消えてランキング画面にはならない、投票ボタンです。↓

FC2ブログランキング

押して応援してくれる皆様、本当にありがとうございます。

最近の記事

コピー☆ライト

(C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved. このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。