シェリシェリ

大航海オンラインでのシェリーアンの航海したり、航海しなかったりする日誌。

*Admin

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

理容師のフィガロさん



この人、気になる。

20070325102049.jpg

セビリアの教会の前に、
フィリアのイベントが始まったら立った、理容師のフィガロさん。

20070325102057.jpg

歌を歌ってるのです。

えっと、この人、モーツアルトさんの歌劇(オペラ)の
「フィガロの結婚」
のフィガロさんなんじゃないかな・・と。。
・・・。
想像してみたわけです。

それで、気になるな~・・って、思いました。
                    (終わり) 
・・・で、終わっちゃだめ?^^;。
これじゃ、記事にならないかもなので、一応調べてきました。
(詳しくは下に書きます)
結果から書くと、「フィガロの結婚」のフィガロさんなの・・かも。

NPCのフィガロさん、
なにか用意してる・っていってたから
これから結婚するのでしょうか?。

ところでシェリーが歌っているのは、
その歌劇「フィガロの結婚」の中に出てくる、
「もう飛ぶまいぞこのチョウチョ」って歌です。

なぜ知ってるのか知らないのですが、
なぜかこの歌だけ知っていて
歌劇の内容とかは全然知らないのですが、
思い出したので、歌ってみました。

「もう飛ぶまいぞ♪この蝶ちょ♪。
昼も夜も休ま~ず~♪」


ヘンな歌でしょ?。
ここまでしか知らない。
なんで知ってるんだろ(; ̄ω ̄A``。。
この歌知ってる人いる?。



歌探してみましたけど、日本語の見つかりませんでしたorz。
日本語だと、かわぃぃのに。。
これ、言語版。
ばりばりイタリア語。

歌ってる人とかが、まるで、
大航海オンラインのコスプレをやってる人っぽい。
とりあえず歌はこんなの・・。
これを歌ってる人が、フィガロさん役の人のようです。

これどんなシーンなの?とか、
どうして「蝶がもう飛ばないの?」とかとか、
ぜんぜん私もわからないから、聞かないでね;;。

いちおー、理容師フィガロさんのお話しが
どんな話しなのか、調べるには調べました。
下に書きます。
長いので、興味がある方だけお読み下さいませ♪。


ポチッと押してね。

応援ありがとう^^。
(ブログランキング投票ボタンです)



20070325102057.jpg

wikiで調べてみたら、フィガロさんが歌っている
「おいらはっ♪街のなんでも屋~っ♪」
って、やっぱり、歌劇(オペラ)の中の歌なのかも・・です。

カヴァティーナ「ラ、ラン、ラ、レーラ…町の何でも屋に」(フィガロ)
Cavatina:La ran la lera...Largo al factotum(Figaro)

やっぱりモーツアルトさんの「フィガロの結婚」のフィガロさんなのかも。

ところで、「フィガロの結婚」ってどんなお話し?
・・と、思って、ここに書きたくて、wikiで読んできました。

wikiによると、三部作の話しがあって、
第一作、「セビリアの理髪師」(歌劇、だれか作曲)
第二作、「フィガロの結婚」(喜劇、モーツアルト作曲)
第三作、「罪の母」(正劇、なかみ不明)
・・だそうです。

第三作で、完結だそうです。

第一作の「セビリアの理髪師」を作ってみたら、
好評だったので、
続編の第二作、「フィガロの結婚」が作られて、
それも好評だったので、
第三作の「罪の母」がつくられたみたいですが、
これはイマイチパッ・としなかったみたいで、ここで終わりになったみたいです。

劇のタイトル文字をクリックすると、wikiに飛んで、どんなお話しなのか読めます。

けど、すごく長いです。
読むのタイヘンです。
あと完結編の「罪の母」は、wikiにありませんでした。
(やっぱりウケが・・)

wikiを見てみたけど、
「どんな話しか知りたいけどこんな長い文読めないよっ!」
という方も
たぶんいらっしゃいますよね。
(実は私はそうでした)。

それで、第一作と第二作を、
簡潔にどんな話しかまとめてみることにしました。
(なんてエライんだろう・・あたし)。
(がんばって読んでみたぜぃ;;)


第一作「セビリアの理髪師」(あらすじ)

セビリアに住む、理容師のフィガロさんは、「街のなんでも屋」もやっています。
アルマヴィーヴァ伯爵は、ロジーナさんと結婚したがっています。
フィガロさんは、アルマヴィーヴァ伯爵の恋のお手伝いをすることになりました。
そして、フィガロさんのアヤシイ活躍もあり、ふたりは結婚できました。
めでたしめでたし。(終わり)

第二作「フィガロの結婚」(あらすじ)

フィガロさんは、ふたりを結婚させたことで、アルマヴィーヴァ伯爵の家来になりました。
そのアルマヴィーヴァ伯爵は、早くも浮気しそうです。

ところでフィガロさんは、スザンナさんと結婚式をあげようとしています。
でも以前、「借金を返さなかったら結婚する」って書類を書いて、マルチェリーナさんからお金を借りていました。
そして、マルチェリーナさんから、「だから結婚しろ」という訴訟を起こされました。

でも、返すお金はありません。
マルチュエーナさんとは、親子くらい歳の差があります。
マルチュエーナさんは、いたずらで、裁判を、起こしただけみたいです。
でも裁判の結果、フィガロさんは、負けてしまいました。

このままだと、スザンナさんではなく、マルチュエーナさんと結婚しなければなりません。

「俺は捨て子で、本当は貴族の息子だから、親の許可が無いと結婚できない」と、フィガロは言いました。
誰も信じませんでしたが、マルチュリーナさんだけは、反応が違いました。

フィガロさんの話しから調べてみたら、マルチュリーナさんが若気のいたりで、その昔いろいろした時に捨てた子供が、フィガロさんだったとことが発覚。
しかも、その時の相手は本当に貴族で、フィガロさんは本当に貴族の子供だったことも発覚。

そして、感動の母と息子のご対面!。
抱き合う母子・・。

そこにたまたま、借金を必死に工面して持ってきたスザンナさんが帰ってきて登場。
抱き合ってる二人を見て
「早くも浮気か!心変わりか!」と、荒れます。

そして親子では結婚できないので、マルチュリーナさんは裁判で敗訴。
そしてめでたく、フィガロさんとスザンナさんはご結婚。

その後、フィガロさんとスザンナさんと、ロジーナさんでいろいろやって、
アルマヴィーヴァ伯爵の浮気心をなくさせて、めでたしめでたし。
(終わり)。


※もっと詳しく知りたい人はwikiを読んで
ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ

スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

 

はじめましてm(_ _)m
いつもこっそりシェリーワールドを覗かせてもらってます♪
「セビリアの理髪師」、「フィガロの結婚」ともにタイトルは聞き覚えがありましたが
詳しい内容は知りませんでした。
あらすじの記載に感謝を述べたくて
初コメントさせていただきました♪
  • posted by り(仮名) 
  • URL 
  • 2007.03/25 19:40分 
  • [Edit]

 

はじめまして^^。
コメントありがとうございます。
一ヶ月遅れのレスでごめんなさい。。三(m;_ _)mペコ
私もこれを書くので始めて、詳しい内容を知りましたw。
お役に立てたら幸いなのです^^。
どこかでお会いしたらよろしくお願いします。>り(仮名)さま。
  • posted by シェリーアン 
  • URL 
  • 2007.04/26 19:01分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://daikoukai12.blog74.fc2.com/tb.php/217-1a29567d

Menu

FC2ブログランキング

こちらは押しても、記事が消えてランキング画面にはならない、投票ボタンです。↓

FC2ブログランキング

押して応援してくれる皆様、本当にありがとうございます。

最近の記事

コピー☆ライト

(C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved. このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。