シェリシェリ

大航海オンラインでのシェリーアンの航海したり、航海しなかったりする日誌。

*Admin

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

海の上の発見物03(「北半球と南半球」その2)



昨日の続き、
北半球と南半球について、書きます。

大航海オンラインの世界に、北半球と南半球の違いあります!。
写真撮ってきました!。(がんばってみたぜぃ)。

今回も題材に使ったのは、太陽。
わかりやすいかな~・・って思ってw。
北半球と南半球の、太陽の登り方の違いを、
SSに撮ってきました^^。

⌒★*~☆


北半球と南半球って何?・・というあなたに、絵を描いてみました。

絵の緑色の部分が、北半球。
絵の茶色の部分が、南半球。

20070210013137.jpg

縦のピンクの線が地軸です。
こんな風に傾いています。

AさんとBさんの、太陽までの距離をくらべたら
Bさんのほうが、ちょびっと近くみえるでしょ?。

Bさんが夏の季節の人。
Aさんは、冬の人。

Aさんを日本の人とします。
すると、Bさんは、オーストラリアの人。
そんなわけで、日本は冬の時、オーストラリアは夏。

Aさんと、Bさんは、他にどんな違いがあるかというと
太陽の見え方が違います。

20070210021126.jpg

(絵がヘタでごめんなさい・・orz)。
えっと、、
太陽は、地球の緑色の線ところに直角に、通っていきます。
(赤道といわれるところですね)。
(太陽が真上にある場所を結んでいった線?みたいなのが赤道です)
するってぇと・・。。

Aさんから見たら、太陽は
東から昇って、南を通って、西に沈むのがみえる。
Bさんから見たら、太陽は
東から昇って、北を通って、西に沈むのがみえる。

(日本で日当たりのいい部屋は、南向きだけど
オーストラリアでは、日当たりのいい部屋は、北向きの部屋)

だから、
Aさんから見たら、日の出は、南上がり(右上あがり)に見える。
Bさんから見たら、日の出は、北上がり(左上あがり)に見える。


そして、太陽が通る道の、
緑の線の上にいる人や、その傍にいる人は、
日の出は、まっすぐ上に向かって昇って行くのがみえる。

この太陽の動きの違いが、
大航海オンラインでも、観測できます^^。


⌒★*~☆

それでは見ていきましょう。
SSは、わかりやすいように、数枚のSSをつなげて、
太陽の動きがわかるようにしてあります。

最初にリスボンの日の出です。

20070210125933.jpg

太陽が右上に上がっていくのが見えますね。
リスボンは北半球にある都市です。
地球の真ん中より上の場所で、日の出を見たら・・と思ってね^^。
(上の絵のAさんから見た日の出ね)。
(日本も北半球。日本からみたのと同じ)


次にシエラレオネでみた日の出の様子。

20070210130433.jpg

まっすぐ上に太陽が昇って行くのがみえますね。
シエラレオネは、太陽が真上に通る道(赤道)そばにある、都市です。
地球の真ん中あたりで、もし日の出を見たら・・、って思ってね^^。
(上の絵で、AさんとBさんの間にある、緑色の線の上あたりでみた太陽)


次にケープからみた日の出。

20070210130750.jpg

太陽が左上に、上がっていくのが見えますね。
ケープは南半球にある都市です。
地球の真ん中より下で、もし日の出を見たら・・と思ってね^^。
(上の絵のBさんから見た日の出ね)。
(オーストラリアの日の出もこんな感じ)

⌒★*~☆

「これはカメラの角度を変えて写したんじゃ・・」
って疑う方は、この記事のひとつ前、
海の上の発見物02(「北半球と南半球」その1)
をみて、画像を確認してね^^。

⌒★*~☆

そして、こっからが、ほんとに書きたかったこと・・。
これは、わかりやすくするため、街の前からSSを撮ってありますけど・・、

海の上から見れます^^。
大航海しながら、この様子は、体験できます!。


たとえば、ロンドンからケープまで航海したら、
右上にあがっていた太陽が
やがてまっすぐ上にあがり、
そして、左上に上がるようになる・・
というのを、体験できます^^。

ケープからリスボンに航海したら、
左上に昇っていた太陽が
やがてまっすぐ上に昇るようになり
そして、右上に上るようになる・・
というのを、見ることができます^^。

朝日が
右上に昇っていったら、そこは地球の上の地域
まっすぐ上に昇っていったら、そこは地球の真ん中あたり
左上に昇っていったら、そこは地球の下の地域


羅針盤も測量も地図も見ないで、感じる自分の現在地。
ちょっぴり楽しいから、是非是非、体験してみてねー^^。

もちろん、夕陽も
左下に沈む(北半球)
まっすぐ下に沈む(赤道付近)
右下に沈む(南半球)
と、沈む向きを変えていきますょ。


夕陽の様子は、
海の上の発見物02(「北半球と南半球」その1)
に、SSをUPしたから、見ておきたい方は、ご確認ください。

移り変わるのをみたら、
この世界って、丸いのかも・・って
思えるかも・・^^。


ポチッと押してね。

応援ありがとう^^。
(ブログランキング投票ボタンです)

「でも丸くないんじゃ・・」って思う人、下へどーぞー^^。
続きあります。





でもこれって、

20070210021126.jpg
(パターン1)

こうなってるんじゃなくて、

20070210055024.jpg
(パターン2)

こうなってても、同じように見えない?
って思ったあなた・・。

すばらしい・・。
その通りです!。

実は、別に丸くなってなくても、同じように見えますw。
パターン2の絵のようになっていても、
太陽の昇り方の見え方の違いは、説明できます。

パターン2のように、丸ではなくて、
平面になっているのでしょうか?。

イエ、丸くなってます^^。
ただ、太陽では、説明ができないだけで・・。
(その理由は、太陽も丸いから・・)

パターン1の絵みたいに、丸くなっています・・
ということは、次に書きます。
(もちろん、証明SS付きで・・。)
(画像撮り、がんばってくるぜぇ;;)

先に書いちゃうと、、
太陽が丸いから、よくわかりませんが、
実は、丸い物の上に立ったAさんとBさんは、
サカサマの太陽を見てるんです。

ところで、パターン2の絵。
AさんとBさんの間にある、緑色の線。
真ん中の緑色の線の真上に、太陽がありますネ。
こんな、真上に太陽が見える場所に、地球の上に印をつけて、
その印を、いっぱいつけていって、線で結びました・・というのが、赤道でーす。


・・・と、いろいろ偉そうに書いてますけど、実はそんなに詳しいわけじゃありません><。。
専門家でも、なんでもありません。
とってもとっても、シロートです。
だから、調べたり教えてもらったりしながら、ガンバって書いてます。
えっと、間違いがどっかにあったら、ごめんなさいーー!。。(ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ))


(「海の上の発見物03」につづく)


スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

波平に見えるのは私だけ?w
  • posted by 沙子 
  • URL 
  • 2007.02/12 18:13分 
  • [Edit]

NoTitle 

きゃははw。波平。。かわいいでしょ^^w。>さこちゃん。
  • posted by シェリーアン 
  • URL 
  • 2007.02/13 20:35分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://daikoukai12.blog74.fc2.com/tb.php/170-fdee9e74

Menu

FC2ブログランキング

こちらは押しても、記事が消えてランキング画面にはならない、投票ボタンです。↓

FC2ブログランキング

押して応援してくれる皆様、本当にありがとうございます。

最近の記事

コピー☆ライト

(C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved. このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。